レーシックでの生涯保証が必要なわけ

非常に高い効果を発揮するといわれるレーシックですが、残念ながら万能の治療法ではありません。

 

施術を行った後に再度、視力が低下するケースもあり、再治療が必要となる可能性もあります。

 

ですから、手術をするなら術後のサポート体制が充実している眼科を選ぶ必要があります。

 

 

眼科画像

 

再度視力が低下した場合は何度でも無料で治療を受けられる、いわゆる「生涯保証」を行っている病院がおすすめです。

 

現在、各クリニックでは、無料の定期検診、診察などを実施しているところも多く、治療プランの選択肢も豊富に存在します。

 

レーシック医院比較〜失敗しない眼科選び

 

追加料金なしで生涯保証のSBC新宿近視クリニック

SBC新宿近視

 

業界大手のSBC新宿近視クリニックでは、追加料金を一切受け取っておらず、リーズナブルな価格で質の高いプランを提供しています。

 

医院によっては、検査費用、薬代、麻酔費用などを別途に請求しているところもありますが、SBC新宿近視クリニックではこれらの料金が全て無料となっています。

 

保険の適用が受けられないだけに、費用面で大きなメリットをもたらしてくれます。低価格な料金プランは、広告宣伝費の削減によって実現しているといわれています。口コミや知人の紹介でここに決めたという方が多く、日本有数の実績数を誇る眼科です。

 

SBC新宿近視クリニック〜レーシック手術の体験記

 


医療機器の性能と優秀な医師

レーシックは医療機器の性能が執刀の結果に大きく影響するといわれる治療法であるため、最新の機器(特にレーザー関連)を有しているか否かも重要なポイントになります。

 

施術そのものは高い技術を要するものではありませんが、視力回復の効果に差が生じます。自身の目とは、一生付き合っていかなくてはなりません。治療するならできるだけ高水準の眼科をおすすめします。

 

執刀にあたるスタッフは、やはり豊富なレーシックの手術経験を積んだ専門医であることが望ましいとされています。即ち、患者の多い大手のクリニックほどそれだけ熟練した医師が多く、信頼性が高いと考えて差し支えありません。

 

優秀な医師を求めて地方から都市部に通院される方も多く、こうした状況を反映してか、交通費を支給するプランも増加傾向にあります。

レーシックの適応検査

事前の検査(適応検査)で、角膜が薄いなどの理由で手術ができないといわれた、そんな声をしばしば耳にします。たしかに個人の体質や持病によって、執刀が難しいケースは存在しますが、技術や施術のプランによっては、執刀を受けられる場合もあります。

 

一つの病院で断られたからといって諦める必要はありません。まずは無料の検査予約などを通じて、視力回復の可否を再確認してみましょう。最新鋭の技術を有するSBC新宿近視クリニックなど、大手の医院では様々な事例に対応しています。

 

 

 

神戸神奈川アイクリニックの評判と口コミ〜生涯保障のレーシックとは?
神戸クリニックの無料説明会は東京・神戸・大阪・北海道・北九州などの会場で行っていますので心配な方はご参加ください。